世界各国にはどんな美味しいものがあるのかを知り、かつ家庭で再現して食べることを目指しました

世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ

未分類

香港料理★バーベキューポーク

投稿日:

バーベキューポークと聞くと、

「バーベキューで焼いた豚の肉」

という以上のものに広がりはないというイメージでしょうか。

そもそも日本と香港では、バーベキューの方法にも大きな違いがあります。

日本のバーベキューは炭焼き。香港のバーベキューも炭焼き。これは同じ。

ところが、日本のバーベキューは網の上で焼く。

香港のバーベキューは・・・・

直に焼く。

なのです。直に火に近づけ熱を通し、串にさした具材をくるくるまわしながらおしゃべりを楽しむ・・・・

それが香港流のバーベキューなのです。

話を戻しますが、それで焼かれた豚の肉が香港料理で旨いとされるバーベキューポークではないのです。

香港料理で美味とされているバーベキューポークは、まわりにはちみつや甘いシロップ、蜜を塗って焼き上げた料理です。

いわゆる、チャーシューと同じなのですが、日本のチャーシューとはまた調理法が異なるのです。

日本のチャーシューは、圧力鍋等を使ってじっくり柔らかく甘辛いタレで煮込んだものが多いです。

香港のチャーシューは、最初から最後まで焼くのみで仕上げます。

だから、外側の皮の部分がパリパリして美味しいのです。

香港料理、バーベキューポーク(チャーシュー)豚肉の部位は、皮つきの豚バラもしくはモモ肉の塊です。

甘いタレを塗って焼くとは簡単に言えますが、本場では、もっと複雑な味つけかつ絶妙なバランスでとても美味しいのです。

五香粉や、紅麹で発酵させた味噌や、店によってこだわりの原料で作る味噌を塗ったり、はちみつを合わせたりと、本格的に作ろうと思えばなかなか真似できない味付けです。

そうして味つけた豚肉を吊るすか串にさして数時間ゆっくり焼き上げます。

そんなバーベキューポークも、もちろん家庭でも作ることはできます。

まず、五時間かけて焼くのは家庭料理として非現実的なので、すぐに焼ける分厚さの好きな部位の豚肉を用意しましょう。

そしてその豚肉を

五香粉(アマゾンで200円台)、はちみつ、醤油、酒、にんにくをすりおろしたものを混ぜてつくった調味料に漬け込みます。

あとは、オーブンかフライパンでジューシーに焼き上げるだけで出来上がり。

 

-未分類

Copyright© 世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.