世界各国にはどんな美味しいものがあるのかを知り、かつ家庭で再現して食べることを目指しました

世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ

未分類

アメリカ料理★ホットブラウニー

投稿日:

急に料理というより、お菓子の部類になりました。

まず、ブラウニーと聞いて思い浮かぶのはチョコケーキだと思います。

ですがチョコケーキの種類には色々あり、日本でもバレンタインデーには作る人が多い、

ガトーショコラ、ザッハトルテ・・・・そして、ブラウニー。

これらの違いをまず、簡単に説明します。

まず、本記事のメインであるブラウニーとは、平たく正方形に焼いた濃厚なチョコレートケーキのことです。バー状に切り出すこともあります。チョコレートの濃厚さによってファッジ(やわらかめ)であったり、クッキーに近い、ボロボロッとした食感のものであったりします。ナッツを混ぜて焼くことが多いです。

対してガトーショコラとは、ブラウニーとまず卵の使い方が違い、卵白と卵黄に分けて使います。

ココアパウダーを含んだスポンジケーキに濃厚チョコレートクリームを挟み込みます。

ザッハトルテとは、チョコレートケーキの王様ともいわれており、ココアベースのバターケーキを

チョコレートの糖衣でくるんだものです。こってり濃厚な味わいです。

このように比較してみると、ザッハトルテやガトーショコラはフォークとお皿を使い

きちんと食べるチョコレートケーキですが、ブラウニーは、携帯食として普及しており、手づかみで手軽に食べられるおやつととらえることもできます。

意外なことに、ブラウニーは、家にすみつき家事を行う妖精の名前でもあり、その妖精の見た目が茶色いことから、今のチョコレートケーキのブラウニーの名になったそうです。

初めて公に登場したのは、1893年に開催されたシカゴ万国博覧会。

シカゴのホテルのシェフが、万博に訪れた女性向けに、お弁当箱から取り出し気軽に食べられるデザートを作ってほしいという要求により考案されたのがきっかけでした。

今回このブログ記事で紹介するのは、「ホット」ブラウニーです。

つまり、このように始まったブラウニーがどんどん色んな人の手によって進化し、温めて食べられるようになったものがホットブラウニーです。

温めて食べるとより美味しいことが発見されたのです。

バニラアイスクリームと合わせて食べるのも食べ方も人気です。

ホットブラウニーも家庭で簡単に作ることができます。

今回は、お菓子なので、分量を細かく記載。

—————————————————–

ホットケーキミックス150g

砂糖60g

ココア大4

牛乳150ミリリットル

卵1個

板チョコ100グラム

くるみ適量

最初に、チョコレートはレンジで1分弱、溶かしておきます。

ホットケーキミックス、砂糖、ココアパウダーも混ぜておきます。

そこへ、牛乳、卵、溶かしたチョコレートを加えて混ぜます。

ケーキの型へ流し込みます。

残りの板チョコを生地の上へ直接ならべ、生地の中に押し込みます。

170度のオーブンで20分焼き、焼けたら冷まします。

このとき、焼き終わった後の余熱の中にいつまでもほおっておいてはいけません。

焼きあがったらすぐに外へ出して冷ますのが、風味を逃がさないポイントです。

冷蔵庫に冷やし、固まったら切り分けます。

食べる前に電子レンジで軽くあたため、アイスクリームを添えたら、

絶品ホットブラウニーの出来上がり。

 

-未分類

Copyright© 世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.