世界各国にはどんな美味しいものがあるのかを知り、かつ家庭で再現して食べることを目指しました

世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ

未分類

ドイツ料理★ハンバーガー

投稿日:

ハンバーガーとは、アメリカ料理でおなじみですが、

実は、ドイツが発祥の地。

厳密にいうと、ドイツが発祥の料理を、アメリカがハンバーガーとしてつくりあげ

流通させたということになります。

 

もっと歴史をたどると、ひき肉料理は、遊牧民タタールに由来すると考えられているタルタルステーキに遡るとされています。タタールとは、モンゴルから東ヨーロッパのリトアニアまで広い範囲で生活していた遊牧民です。

タルタルステーキとは、生肉を荒いみじん切りにし、オリーブオイル、塩コショウ、ガーリックなどで味付けしたものです。

ハンバーグの焼く前・・・にちょっと似ています。

だからひき肉料理のルーツなのです。

しかも、牛肉ではなく、当時はほとんどが「馬」の肉でした。

固くて筋肉質な馬の肉を食べやすく工夫したことが、ハンバーグの由来となったのです。

そのままドイツに伝わったタルタルステーキが、ハンブルクの労働者の人気料理になりました。

そうして、ヨーロッパでタルタルステーキが独自の発展を遂げ、今のハンバーガーにつながってくるわけです。

 

18世紀より米国に移住したドイツ人が食べたひき肉料理を、アメリカでは

「ハンブルク風ステーキ」と称し始め・・・

ただ、ハンバーグをパンに挟んだ形状であるハンバーガーの誕生や命名の由来については

諸説がある。

・米国のセントルイスで開催されたセントルイス万国博覧会の会場内で、ハンバーグステーキを挟んだサンドイッチが「ハンバーガー」という表記で売られていたから

・コネチカット州ニューヘイブンの食堂で開発されたという説

・チャーリーナグリーンが考案したという説

このような諸説から生まれたハンバーガーは、かの有名なマクドナルド兄弟がドライブインから売り始め、アメリカを中心に各国に広まりました。

そう考えると、ハンバーガーはアメリカの料理だと主張されるのも無理はないと思います。

ですがやはりルーツをたどると、歴史的は始まりはドイツということになります。

日本には、縄文時代にタルタルステーキのようなものが食べられている形跡があったそうですが

今のハンバーガーの形として流行ったのは、戦後。

日本では、戦後に入ってきたことが有名ですね。

家庭でもハンバーガー!

は、書くまでもないと思うので、今記事では割愛します。

 

 

-未分類

Copyright© 世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.