世界各国にはどんな美味しいものがあるのかを知り、かつ家庭で再現して食べることを目指しました

世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ

未分類

メキシコ料理★ファヒータ

投稿日:

ファヒータとは、グリルした肉の総称です。

また、もともとの語源は「帯」や、「ベルト」をさします。

牛の横隔膜(ハラミ)をイメージしているようです。

そして、主に小麦のトルティーヤにのせて提供されます。

牛肉のハラミが一般的ですが、豚肉や鶏肉、エビをグリルしたものを

のせることも多いです。

おろしたチーズ、細切りレタス、トマト、ワカモレ(アボカドとソース)、サルサ、ピコ・デ・ガヨ(トマト、タマネギ、トウガラシで作る新鮮なソース)を付け合せることが多いです。

つけあわせも、グリルも、出来立てを食べるのが美味しく食べるコツです。

メキシコ風のアメリカ料理のことを、テクス・メクス料理

といい、ファヒータもこの部類に含まれます。

ファヒータは、テキサス州ヒューストンや、他のメキシコ料理店、またはテクスメクス料理店で

人気の料理となりました。

ということはやはり、ほとんどメキシコ料理といえどもメキシコで流行ったというよりは

アメリカで流行ったのが最初だったのですね。

手軽に食べられて、しかもボリュームたっぷりで美味。というわけで、

ホームパーティーやアウトドアBBQによく登場します。

日本でも、ファヒータを出す飲食店がちらほら出てきています。

そんなファヒータも、自宅で簡単に作ることができます。

具材をトルティーヤに好きなだけのせて、巻いて食べるので

手巻き寿司に似ていてなじみ深いかもしれませんね。

まずは

肉をレモン汁、クミン、コリアンダー、チリペッパー、オレガノ、オリーブオイルに漬け込みます。

漬け込んだタレと肉を焼きます。

もし漬け込むのが面倒であれば、漬け込まなくても大丈夫です。

そのままお肉と一緒に焼きましょう。

お肉焼けたら、お皿に盛りつけます。この時、細切りレタスやチーズを添えます。

そして、トルティーヤ生地で巻いて、サルサソースにつけて食べます。

※サルサソースは、粗みじん切りにしたトマト、タマネギ、ピーマンをオリーブオイル、にんにく、トウガラシ、レモン汁、砂糖にを混ぜるだけでできてこちらも簡単です。

1969年に、テキサス州カイルの週末行事でサニー・ファルコン(Sonny Falcon)により初めてフ販売されたファヒータを、心ゆくまで味わえるレシピです。

 

-未分類

Copyright© 世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.