世界各国にはどんな美味しいものがあるのかを知り、かつ家庭で再現して食べることを目指しました

世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ

未分類

シンガポール★ロティ・プラタ

投稿日:

ロティ・プラタとは

ナンのような、ホットケーキのような、小麦粉でできた生地。

ROTIはパンを PRATAは平たい を意味します。

 

食べ方には色々あり、チーズ味や、カレーをつけて食べたり、

バナナとデザート感覚で食べることも。

実はロティ・プラタは、インドから広まりました。厳密にいうと、ロティプラタの原型ですね。

シンガポールの食文化は、インドからマレーシア方面に広まり、各地で様々なアレンジを受けいながらシンガポールに辿りつきました。フィリピン料理はインドから少し遠く、インド色は弱め、と前記事で書きましたね。

東南アジアの料理はやはりインド料理が基本になっているものが多いです。

シンガポールには今でもインド系とマレー系のお店があり、少しの違いがあります。

余談ですが、シンガポールという国名は、14世紀末に名づけられた名称だそうです。「シンガプーラ」で、サンスクリット語で「ライオンの町」。

なぜ「シンガプーラ」かは諸説ありますが、シンガポールではスマトラより来訪したサン・ニラ・ウタマによって建設され、この名がつけられたとする説を通説としているようです。

今の「シンガポール」という名は、イギリスが東インド会社を設立し栄えていた時、植民地にされた時に名づけられました。

東インド会社の書記官であったトーマスラッフルズが島を支配していた「ジョホール王国」から正式な割譲をとりつけ、イギリスの植民地としたという歴史があります。

 

ロティ・プラタはお家でも簡単に作れます。焼きたては特に美味。

何もつけなくても十分美味しく食べられます。

焼き上がりはクロワッサンみたいに層になっているのが特徴。

ロティ・プラタの生地は、小麦粉、卵、水、油またはギー(インドのバターオイル)が主な材料。イーストは一切使いません。

これらをしっかり捏ねて生地を作り、1ポーションずつ小分けします。

油をたっぷりと手に付けながら、紙のようにうすく伸ばして折りたたみながら鉄板で焼きあげます。

鉄板というよりは、家庭ではフライパンに敷いて油をかけながら焼いてもいいし

揚げても美味しいです。

これだけでできて、あとは好きなものをつけて食べるだけ。

チョコレートでも、はちみつでも、カレーでも何でも合います。

 

-未分類

Copyright© 世界中の美味しいものを一瞬で網羅し味わえるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.